スマホで見る

株式会社ラクラスホーム|不動産購入のポイント|新築と中古の違い | 文京区の不動産はラクラスホーム

不動産購入のポイント


<<一覧に戻る

新築と中古の違い

戸建て、マンション共に新築と中古の物件がありますが、中古物件の需要は少しずつ伸びてきています。
中古物件のメリットはまず価格が新築物件よりも安いです。また、新築物件よりも面積が広い物件が多いです。

中古物件を購入した後にリフォームまたはリノベーションを行い、新築同様の綺麗な物件にしてから住む方も多くおります。

中古物件にはこのようなメリットもありますが、デメリットもあります。
マンションであれば、管理費・修繕積立金が新築マンションよりも高価格である物件が多くあります。その為、新築マンションよりも安く手に入れたけれども、月のランニングコストは同額というケースもございます。
また、マンションの場合、耐震基準に注意が必要です。1981年以前のマンションは旧耐震基準のものがあり、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります。

新築物件のメリットは、自分が一番最初に住めるという一番のメリットがありますが、それ以外にも多くあります。最新の設備が整っている事も大きなメリットです。10年前には床暖房は稀でしたが、現在では床暖房が設置済みの物件が多くあります。バスルームの設備も1坪以上、浴室乾燥機など、古い中古物件には無い設備が最初から付いていることもあります。

デメリットとしては、自分が住んだ時からその物件は新築物件では無く、中古物件となります。特に戸建てに関しては、土地と建物と二つの価値となりますので、建物に関しては居住年数が増えるにつれて評価価値が下がっていくことになります。

新築には新築の、中古には中古の魅力があります。
お客様が物件購入の検討をする際は、新築・中古両方の物件を内覧してみるのをオススメいたします。
 
物件検索
現地販売会
売却実績
物件購入のポイント
店舗情報

株式会社ラクラスホーム
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-5-4
HM本駒込ビル
TEL:03-5981-8601
FAX:03-5981-8602
営業時間:9:30~21:00
定休日:毎週水曜日・隔週火曜日

不動産情報から希望に合った物件がきっと見つかる。文京区の不動産のことならラクラスホームへ!不動産の購入物件の検索はもちろん、不動産売却等あなたにあった方法をご提案!あなたの理想の暮らしにぴったりの不動産物件を、ぜひご覧下さい。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。